WordPressの設定方法&使い方まとめ

WordPressは長期的に更新していくメインサイトを構築するのに最適です。
初心者でもわかりやすいように、ドメイン取得・サーバー契約からWordPressに投稿するところまで、使い方をまとめました。

WordPressを構築する方法

1.ドメインを取得する

まずは独自ドメインを取得しましょう。
ドメインを取得できるところは沢山あるのですが、初心者でもわかりやすいムームードメインをおすすめします。

独自ドメイン、日本語ドメインの取得方法(ムームードメイン)

2.サーバーを契約しWordPressをインストールする

独自ドメインでサイトを運営するためにはレンタルサーバーが必要になります。
メインサイト用のサーバーはあまり安いサーバーだと表示が遅くなったり、落ちてしまうことが頻繁にあるので、エックスサーバーがおすすめです。

エックスサーバーの契約方法とWordPressのインストール方法

WordPressをインストールした後、管理画面に入るまでは24時間ほどかかる可能性がありますので、少し時間を置いてから以下の作業を進めていきましょう。

3.『Hellow World』と『サンプルページ』を削除する

WordPressをインストールした時点で、『Hellow World』と『サンプルページ』という記事が最初から投稿されています。これらを削除しましょう。

ダッシュボードの投稿一覧から『Hellow World』を削除、固定ページ一覧から『サンプルページ』を削除しておいてください。

4.テーマをインストールする

デフォルトのテーマがインストールされていますが、賢威やSTINGERなどのSEO対策されているテンプレートを使うことで、より上位表示しやすくなります。

WordPressでテンプレートをインストールする方法

5.パーマリンクを設定する

途中でパーマリンクの設定をやり直すと、全部のURLが変わってしまうので、最初からしっかりとパーマリンクを設定しておきましょう。

WordPressでパーマリンクを設定・変更する方法

6.プラグインをインストールする

WordPressはすぐに投稿することもできるのですが、プラグインを導入することで利用しやすくなり、SEO的にも効果があります。

WordPressのプラグインまとめ

7.FTPソフトを導入する

WordPressにファイルを直接アップロードしたり、カスタマイズをする際に利用します。バックアップなども取れるので導入しておくといいでしょう。

FTPソフトFileZillaの使い方

8.Google Search Consoleに登録をする

Search Consoleに登録することで、検索クエリを見ることができるようになったり、Googleからの大切なメッセージを受信できるようになります。インデックスを催促したり、自サイトに貼られているリンクの確認もできます。

Google Search Consoleの登録方法と所有権の確認

8.アクセス解析を設定する

ウェブを運営するのでしたらアクセス解析の導入は必須です。どれくらいの訪問者がどのようなワードで流入しているのかを解析することで次の作戦が立てやすくなります。

Ultimate Google Analyticsの使い方と設定方法

記事を投稿する

実際に記事を投稿していきましょう。
記事の投稿の仕方は2種類あります。

WordPress 記事の投稿方法 | ビジュアルエディタ編
WordPress 記事の投稿方法 | テキストエディタ編

画像も挿入して見やすくしていきましょう。
WordPressで記事中・サイドバーへ画像を挿入する方法

WordPressのメリット

WordPressは慣れるまでは最初の設定が難しいですが、慣れてしまえば簡単な作業の繰り返しです。普通のブログを更新するのと同じ感覚で利用することができるようになります。

テンプレートも沢山あり、自分でカスタマイズすることができるのでオリジナルのブログを作成することができるようになります。

ブログだけではなく、トップページを固定して会社のホームページとして利用することも可能です。

検索エンジンにも有利と言われているのでビジネスをやるのでしたら、WordPressは自由に扱うことができるようになっておきましょう。

2,000名以上が購読中の無料メルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。