WordPress 記事の投稿方法 | ビジュアルエディタ編

WordPressの設定が終わったら実際に記事を書いていきましょう。WordPressにはビジュアルエディタとテキストエディタという2種類の投稿方法があるのですが、こちらのビジュアルエディタのほうが初心者にはわかりやすいと思います。

記事の投稿方法

まずはダッシュボードの『投稿』→『新規追加』をクリック。

新規投稿を追加

タイトル右下のタブがビジュアルエディタになっていることを確認します。

ビジュアルエディタ

通常ホームページで文字装飾を行うときにはhtmlタグというものを利用するのですが、ビジュアルエディタではhtmlタグを利用せずに、直感的に記事を作成することができます。

無料ブログと同じような感覚でさくさくと投稿していくことができます。

最初の段階だとツールバーが1列しか出ていないので、一番右の『ツールバー切り替え』を押し、2列表示にします。

ツールバー

各ツールバーの機能を確認しましょう。

ツールバー
  1. 太字
  2. 文字を太字にして強調します。
    ただの太字ではなく<strong>という強調タグを利用しているので。
    あまり多用してはいけません。

  3. 斜体
  4. 文字が斜めになります。

  5. 打ち消し線
  6. 以前書いた記事の内容が変わった時などに、訂正をしたりするときなどに利用します。
    こんなかんじになります。

  7. 箇条書き
  8. Googleは普通に文字を書いただけだと箇条書きを認識してくれません。
    なのでこのタグを利用すると。ちゃんと箇条書きになります。

    • あいうえお
    • かきくけこ
    • さしすせそ
  9. 箇条書き(数字)
  10. こちらは数字で並べたいときに利用します。

    1. あいうえお
    2. かきくけこ
    3. さしすせそ
  11. 引用
  12. ほかのサイトの記事を引用してくるときに利用します。
    こちらを利用しないと、重複コンテンツになってしまいます。

    このような枠で囲まれます。

  13. 横ライン
  14. 水平線をひきます。


  15. 左寄せ・中央寄せ・右寄せ
  16. 文字を寄せるときに利用します。
    Wordなどでもお馴染みですね。

  17. リンクの挿入・削除
  18. 他のサイトや自分のサイトの他の記事へのリンクを挿入したいときに使います。
    別窓でリンク先を表示させたいときは□にチェックを入れてください。

    リンク
  19. 「続きを読む」のタグを挿入
  20. ブログを運営する場合、1記事全部がトップページに表示されてしまうと長くなってしまい重たくなってしまうので、記事の抜粋だけ表示させる方がいいです。適度な場所でこのタグを挿入すると抜粋を作ることができます。

    ツールバー
  21. 段落
  22. 段落を挿入します。
    見出し1〜6までありますが、通常は記事の中で見出し3か4あたりを利用していくといいでしょう。

  23. 下線
  24. 重要な部分に下線を引きます。
    わかりやすくなりますよね。

  25. 両端揃え
  26. 通常文章を書いた時に左端は揃いますが、右端は揃わないですよね。このタグを利用すると右もぴったしと揃えることができます。ただ、皆さんの大好きなChromeだと表示されないことが多いようなのでちょっと微妙です。

  27. テキスト色
  28. 文字の色を変えることができます。
    赤くしたり
    青くしたり

  29. テキストとしてペースト
  30. 個人でWordPressを利用する限りあまり利用することは無いと思います。
    まずはWordなどで文字を作りこんだ場合、それをそのままペーストして同じものを維持するような使い方です。

  31. フォーマットをクリア
  32. 一度太字にしてしまったり、色を変えてしまった文字をデフォルトのものに戻します。

  33. 特殊文字
  34. α、βなど記号が沢山含まれています

  35. インデントを減らす・増やす
  36. 箇条書きなどの前の余白を増やしたり減らしたりすることができます。

  37. 取り消し・やり直し
  38. 前回の動作を取り消したりやり直したりできます。

プラグインを利用することで背景色をプラスしたり、より便利に利用することができるようになります。

段落、改行に関して

文字の装飾のことがわかったら、後は文章を書くだけですね。
通常WordPressの場合、段落は<p></p>というタグで囲まれています。
これで1つの段落というわけです。通常のenterを押すだけです。

改行をするときは</br>というタグを利用するのですが、ビジュアルエディタではshift+enterで改行ができるようになっています。

つまり段落を変えるときはenterを、改行をしたいときはshift+enterを利用するわけですね。改行の方は間が狭く、段落の方は間が広く開いているのがわかるかと思います。

色々便利なビジュアルエディタですが、僕的にはビジュアルエディタだとできることが少ないので、テキストエディタのほうがおすすめです。

2,000名以上が購読中の無料メルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。