WordPressでパーマリンクを設定・変更する方法

WordPressをインストールして記事を書く、このままでも問題はないのですが、できることならばパーマリンク設定をしっかりして、URLを静的化しておきたいです。

パーマリンクの設定とは?

当ページのURLは『https://nomadaffili.com/permalink-1120』となっています。ここの『permalink-1120』の部分のことをパーマリンクといいます。

WordPressの場合インストール時のままだと、URLが『https://nomadaffili.com/?p=6』のようにな形になっています。

ちょっと特徴的なURLですよね。
あまり普通のホームページで見られるURLではありません。

WoredPressってアクセスが来るたびに動的にページを作成するのですが、これを普通のホームページと同じように静的化をします。

パーマリンクは何がいい?

実際問題パーマリンクによって、SEO効果はあまりありません。『/6.html』のような数字のみのパーマリンクでも上位表示をします。

とはいっても、できるだけわかりやすいURLにしておいたほうがユーザーのためになりますよね。

おすすめのパーマリンク設定は以下の2通りです。

  • /%postname%-%post_id%
  • /%post_id%.html

実際にはこのようになります。

  • http://nomadaffili/記事タイトル-ID
  • http://nomadaffili/ID.html

『/%postname%-%post_id%』の方が当サイトが利用しているパーマリンクで、自分の好きな名前を入力することができます。

日本語にもすることができるのですがこのような糞長いURLになってしまいます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%80

wikipediaのパーマリンクは日本語を利用していますね。

URLが長くなってしまうと、ツイッターやFacebookなどで拡散されづらくなってしまうのと、見栄えがあまり良くありません。

SEOに詳しい人は英単語をハイフンでつなげていく人が多いです。
こちらは海外SEOの鈴木謙一さんのパーマリンクです。

参考:http://www.suzukikenichi.com/blog/cant-google-update-penguin-because-of-negative-seo/

初心者におすすめのパーマリンク

『/%post_id%.html』の方は『/6.html』のようなパーマリンクになり、URLを一つづつ考えるのがめんどくさい時におすすめです。

数字ベースのURLも利用しやすいです。

初心者の方はURLが数字になるものの方がわかりやすいかもしれませんね。

パーマリンクの設定方法

WordPressのダッシュボード『設定』→『パーマリンクの設定』

パーマリンク設定

『カスタム構造』にチェックを入れ『/%postname%-%post_id%』『/%post_id%.html』などを入力します。

パーマリンク

これだけで設定は完了です。

『/%postname%-%post_id%』を選ばれた場合は、記事を投稿する時にURLをローマ字に自分で設定する必要があります。

記事タイトルの下に編集ボタンがありますのでクリックしてURLを変更してください。

毎回変更するのがめんどくさい場合は『/%post_id%.html』か数字ベースを選択されてください。

パーマリンクの設定を途中で変えてしまうと、記事のURLが変更になってしまうので、基本的には最初に設定したものをそのまま利用しましょう

カテゴリーなど後々変更する可能性があるものをパーマリンクに入れない方がいいかと思います。

2,000名以上が購読中の無料メルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。