アドセンスのインプレッション収益とは?ページRPMとの違いや上げる方法

Googleアドセンスインプレッション収益って聞いたことが有りますか?

インプレッション収益(RPM)とは何なのか?

インプレッション収益(RPM)とページRPMの違いや、高める方法に関しても説明していきます。

インプレッション収益とは?

インプレッション収益(RPM)とは、1,000回広告が表示された時に手に入る収益の見積額です。

アドセンスのパフォーマンスレポートの中で『ページのRPM』と書かれた部分に表示されています。

インプレッション収益 =(見積もり収益額/広告表示回数)×1000

1,000回広告が表示されたら、これくらい報酬が発生しますよってことですね。

10倍にすれば1万回表示された時、100倍にすれば10万回表示された時にいくらぐらい稼げるのかを簡単に予想することができます。

インプレッション収益(RPM)は、表示回数 1,000 回あたりの見積もり収益額を表します。インプレッション収益は実際の収益額ではありません。 見積もり収益額をページビュー数、表示回数、またはクエリ数で割り、1,000 を掛けた値です。

参考:インプレッション収益(RPM) – AdSense ヘルプ

インプレッション収益の計算例と平均値

あなたのサイトのデータが以下の場合だった時のインプレッション収益を算出してみましょう。

  • 表示回数・・・100回
  • CTR・・・1%
  • 見積もり収益・・・30円

インプレッション収益=(30円/100回)×1,000=300円

あなたのサイトがCTR1%、CPC30円だった時に、RPMは300円になるということですね。

僕の手持ちのサイトでもインプレッション収益の平均値は300円ほどになることが多いです。

ページRPMとは?

インプレッション収益(RPM)と似た、ページRPMというものがあります。

ページRPMとは、1,000PVごとの見積もり収益額です。

インプレッション収益 =(見積もり収益額/ページビュー数)×1000

ページRPMの計算例

  • PV数・・・100回
  • CTR・・・1%
  • 見積もり収益・・・30円

ページRPM=(30円/100回)×1,000=300円

つまり、あなたのサイトで1,000PV集めたら300円になるということです。

1万PVならば3,000円ですので、月収10万円稼ぐためには33万PV必要だということがわかりますね。

インプレッション収益とページRPMの違い

インプレション収益とページRPMの大きな違いは以下です。

  • インプレッション収益(RPM)・・・広告の表示回数に対する見積もり収益額
  • ページRPM・・・PV数に対する見積もり収益額

Googleアドセンスで稼ぎたい場合、重要になるのはページRPMの方です。

アドセンス広告は1ページに複数個貼っているはずですし、ページやサイトによっても広告の数は異なります。

1,000ページあたりの収益がわかれば、その後PV数が伸びた時にいくら稼げるのか予測が立てやすいのです。

インプレッション収益とページRPMは、Google Adsenseのレポート画面でチェックすることができますので自分で計算することはありません。

インプレッション収益

このように、ページRPMが650円ある場合、月収10万円を稼ぎたいのであれば

100,000円/650円×1000=153,000PV

『15万PVほどあれば月収10万円稼げそうだ』という予測を立てることが可能です。

  • 1万PV・・・6,500円
  • 10万PV・・・・65,000円
  • 30万PV・・・195,000円
  • 100万PV・・・650,000円

インプレッション収益を上げるためには?

ご自身の1ヶ月のCPCとCTRを見ていただくとわかると思いますが、CTRが高くCPCが高いものほどページのRPMは高くなっています。

たまにCPCが高い広告をクリックされた時などはRPMが高額になっているのを確認されたことがある方も多いでしょう。

このインプレッション収益の値が低くなっているとPV数が上がっても中々報酬が伸びてきません。僕のサイトでもいい感じに稼げているものは300円近くになっていることが多いです。

問題なのは、僕の手持ちのサイトの中にページRPMが62円というサイトがありますが、1万pv獲得したところで620円にしかならないんですよね・・・。

これくらいのインプレッション収益だとやはりアクセスを集めたところでそこまでの収益は期待できません。こういったサイトの場合はアドセンス以外のキャッシュポイントを作っていかないと実際厳しいです。

インプレッション収益を高くするために一番重要なのはジャンル選びということです。

広告の位置が最適化されていないのでしたら、貼り直せばどうにかなると思いますが、最適化されている場合はどうしようもありませんからね。

RPMが高くなるジャンル

  • 金融系(クレジットカード・カードローンなど)
  • 転職系
  • 美容系(脱毛など)

趣味ブログではなくアドセンスで稼ぐことを中心に考えているのでしたら、稼げるジャンルでサイトを作成していくことが重要となってきます。

とはいえ、アクセスがなければ稼ぐことは不可能なので、まずはどんなサイトを作成したらアクセスを得ることができるかをリサーチし、慣れてきたらクリック単価なども意識していけたらいいのではないでしょうか?

Googleアドセンスのクリック単価が高いジャンルとは?

2014.10.09

メルマガでは、Googleアドセンスで月収80万円稼いだ方法を公開していますので、気軽に登録してみてください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。