Googleウェブマスターツールの登録方法と所有権の確認

Googleウェブマスターツールの登録方法と所有権の確認の方法を説明します。

所有権の確認方法としてHTMLファイルのアップロード方法と、メタタグをサイトのホームページに追加する方法の説明をします。

Webmaster

Googleウェブマスターツールに登録することによって
Googleからサイトに関する重要事項をメールで受け取ったり、
検索クエリをチェックして分析したりできるようになるので必ず導入しておきましょう。

Googleアカウントを持っていないと利用できないので、
まだ持っていない人は先にアカウントを作成しましょう。
Gmailアカウント・Googleアカウントの作り方 
 

Googleウェブマスターツールの登録方法

アカウントの準備が出来たらまずはGoogleウェブマスターツール にアクセスをします。
自分のサイトのURLを入力して追加しましょう。

Webmaster1

サイトの登録を完了するには、サイトの所有権の確認する必要があります。
URLを入力するだけでは誰でも登録できてしまうので、
本当にあなたがサイトの持ち主だということをGoogleに知らせなくてはいけません。

所有権の確認方法は

  • HTMLファイルをアップロードする方法
  • メタタグをサイトのホームページに追加する方法
  • ドメイン名プロバイダにログインする方法
  • Google アナリティクス アカウントを使用する方法
  • Google タグマネージャ アカウントを使用する方法

と、沢山あるのですが
Googleおすすめの方法はHTMLファイルをアップロードする方法です。
 

HTMLファイルをアップロードする

まずは、HTML確認ファイルをダウンロードします。

Webmaster2

ダウンロードしたファイルをFTPソフトを使い
http://aaa.com/public_html/にアップロードします。
※aaa.comはあなたのサイトのURLに置き換えてください

Webmaster8

googleのファイルがpublic_htmlフォルダ内に入っていれば大丈夫です。

FTPソフトFileZillaの使い方(windows & mac)

アップロードが終わったら上記3.のULRにアクセスしてアップロードできたか確認しましょう。
失敗していると404エラー(見つかりません)と表示されます。
先ほどダウンロードした1.のファイル名が表示されたらアップロード成功です。

Webmaster4

確認をクリックし所有権の確認終了です。

Webmaster5 

ウェブマスターツールにサイトマップを送信する 

次はウェブマスターツールにサイトマップを送信します。
Google XML Sitemapsでクローラー用のサイトマップを作成していない場合には
先にサイトマップを作成をしてください。
Google XML Sitemapsの使い方と設定方法 

ウェブマスターツールで『サイトマップ』→『サイトマップの追加/テスト』

空欄に

sitemap.xml 

と入力しサイトマップを送信します。

Webmaster6

Webmaster7

以上でGoogleウェブマスターツールの登録は完了です。
ここまで上手く出来た人は以下は関係ないので読まなくてもOKです。
  

メタタグをサイトのホームページに追加する方法

所有権の確認はHTMLファイルをアップロードするやり方が一番簡単なのですが
利用しているサーバーによってはこの方法が使えない場合があります。

私が利用しているサーバーの1つwpXクラウド
wp-content以下にしかファイルをアップロードできないので
public_htmlにアクセスをすることが出来ません。 

そこで利用した方法がメタタグをサイトのホームページに追加する方法です。

おすすめの方法ではなく『別の方法』→『HTMLタグ』をクリックします。
HTMLタグが表示されるので、このタグを
<head> セクション内の、最初の <body> セクションの前に貼り付けます

Webmaster3

WordPressの『ダッシュボード』→『外観』→『テーマ編集』
『header.php』にタグを貼り付けます。

なかなか認識してくれなかったのですが

<meta name=”description” content=”<?php bloginfo(‘description’); ?>” />

 の下に貼り付けたら上手くいきました。

利用しているテンプレートによって表示などは違うかもしれませんね。

2,000名が購読中の無料メールマガジン



コメントを残す

このページの先頭へ