【ALS動画講義】GDTの法則

人の欲求に関する法則、GDTの法則を紹介します。誰もが欲を持っていますので、うまく欲を捉えていくことで反応が取れるセールスレターが作成できるようになっていきます。

GDTとは?

GDTというのは次の3つの頭文字になります。

  • Goal(目標)
  • Desire(欲望)
  • Teazer(本性)

欲を3つのカテゴリーに分けることができて、更にその下に3つの項目があります。全部で9つに分けることが出来るようになっています。

Goal(目標)

多くの人は努力をするのが嫌いですし、時間を使いたくないと思っています。それなのにお金は欲しいと考えている人が多いです。

ですので、少ない努力、少ない時間で大きく稼げるという内容に興味を持ってしまいます。

1日たった◯◯の作業で月収100万円なんてセールスレターはよく見ることがあると思います。

Time,Effort,Moneyの3要素が全て含まれているので興味を持ってしまうのですね。

目標に関しては物販よりは稼ぐ系の情報商材で用いられることが多いです。

Desire(欲望)

特に男性は富や名声が欲しいと思っている人は多いです。それだけで事件になってしまうこともあるぐらいなのですごく興味があるところでしょう。

人生に愛は必要ですし、醜いよりは美しいほうが絶対にいいと感じているはずです。

窮屈な環境で過ごすよりも快適な環境の方に憧れますし、こういった要素をセールスレターの中に取り入れていくことでより反応が取れるようになっていきます。

Teazer(本性)

皆希少なものは大好きです。いつでも手に入ると考えたら購入する気は無くなりますが、今日限りと言われたら、更には馬鹿なって思うぐらいの値下げがあると言われたら今買わないと損をしてしまうような気になってしまいます。

ですので多くのセールスレターに先着◯◯名様、この値段で購入できるのは本日◯◯時まで。などと書かれていたりします。

希少性を出したり興味を引くようなワードを入れていくことで更に反応が取れるようになっていきます。

是非9つの欲を理解して、セールスレターの中に散りばめていってみましょう。

2,000名以上が購読中の無料メルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。