Google Search Console(サーチコンソール)の設定をする

Google Search Consoleは無料でWEBサイトの表示回数やクリック数を確認できる無料ツールです。

インデックスの促進もできるので必ず登録してください。

サーチコンソールの設定をする

Googleアカウントが必要となりますので、メインで利用しているGoogleアカウントにログインした状態で作成しましょう。

Googleサーチコンソールにアクセスをします。

『今すぐ開始』をクリックします。

プロパティタイプを選択する

右側のURLプレフィクスにブログトップページのURLを入力します。

所有権の確認をする

ブログが自分が所有しているものか認証をします。

やり方は色々ありますが、一番簡単な方法を解説します。

1.Cocoon設定で認証する方法

Cocoonを利用されている方は、こちらが簡単です。

所有権の確認で『HTMLタグ』をクリックします。

メタタグをコピーして、メモ帳などに貼り付けて起きましょう。まだ確認は押しません。

続いて、WordPressの『Cocoon設定』→『アクセス解析・認証』→『Google Search Console設定』に

先程コピーしたHTMLタグの『content=”◯◯”』の◯◯の部分だけを貼り付けてください。ページ下の『変更をまとめて保存』をクリック。

サーチコンソールの『確認』をクリックすれば、所有権の確認が完了します。

所有権の確認が終わったら、サイトマップの送信をしてください。

2.HTMLタグで認証する方法(All in One SEO Pack)

Cocoon以外を利用の場合はAll in One SEO Packでも認識ができます。

WordPressの『All in One SEO』→『一般設定』→『ウェブマスター認証』→『Google Search Console』へ

先程コピーしたHTMLタグの『content=”◯◯”』の◯◯の部分だけを貼り付けてください。ページ下の『設定を更新する』をクリック。

サーチコンソールの『確認』をクリックすれば、所有権の確認が完了します。

もしできなかった場合はこちらを参考にしてみてください。

【入門版】Google Search Consoleの登録・設定方法&使い方【スタートアップガイド】

サイトマップの送信をする

サーチコンソールが使えるようになったら、『サイトマップ』→『新しいサイトマップを追加』で

sitemap.xml

を入力して送信してください。

以上でサーチコンソールの設定は終了です。