エックスサーバー内でのサーバー移転方法!

エックスサーバーから著しい転送量の発生に関して、速度制限や同時接続制限を行う可能性があると警告メールが来たので、エックスサーバーのプラン変更と他のドメインを新規サーバー移転してみました。

Wordpress logo

メールはこんな内容です。

上記お客様ご利用のサーバーアカウントにおいて、
ご利用プランの目安を大幅に超える転送量が発生しております。

X10プランの場合、快適にご利用可能な転送量の目安は50GB/日でございますが、
お客様のアカウントにおいては6/17(月)から昨日までの3日間で
【260GB以上】(=目安の1.7倍以上)の転送量が発生しておりました。

トレンドサイトのアクセス数が上がってきて
1日10万PVぐらいまで来ています。 

動画データや画像データの軽量化ってことでしたが、
たいしてデータは使っていないんですよね。

多分原因はアクセス数だろうと思いプランをX20に変更することにしました。
エックスサーバーでは翌月のプラン変更は20日までのようですが、
メールで対応してくれました。

ありがとうございますm(__)m

いくつかwordpress突っ込んでいるだけで
寝かしている状態になっているドメインがあったので、
新しくエックスサーバーで新規サーバーを契約して移転しました。 

エックスサーバー2idの契約です!
 

サーバー移転方法

手順としては

  1. サーバーのバックアップを取得する
  2. 旧サーバーからドメインを削除する
  3. 移転先のサーバーに旧サーバーで利用していたドメインを設定する
  4. バックアップ済みのデーターをアップロードしMySQLをインポートする

やってみたら結構簡単でした。
次からは困ることが無さそうです。

参考サイト:WordPressをさくらインターネットからXserverへ | ナイスちょっとデザイン

1.サーバーのバックアップを取得する
「サーバーパネル」→「バックアップ」で取得出来ます。

エックスサーバー バックアップ

もちろんFFFTP等のFTPソフトでダウンロードしてもOKです。

2.旧サーバーのドメインを削除する
エックスサーバーでは同一ドメインを複数のドメインに追加することができません。
勇気を出して削除をしましょう。

3.移転先のサーバーに旧サーバーで利用していたドメインを設定する
新規でドメインを取得した時と同じです。
「ドメイン設定」→「ドメインの追加設定」で設定をします。

4.バックアップ済みのデーターをアップロードしMySQLをインポートする
まずは普通にWordpressをインストールします。
空のWordpressがインストールされるので、
FFFTP等でデーターを戻します。 

私はFileZillaを利用しているのでこんな感じです。

Filezilla

データーをアップロードする際にpublic_html→wp-config.phpを

新サーバーのものに書き換えます。

Wp config

 

後は旧サーバーのMySQLをエクスポートし、
新サーバーでインポートするだけです。 

※旧サーバーのMySQLのパスワードなどがわからない場合は
旧サーバーのwp-config.phpに記載されています。
↑の画像ですね。

旧サーバーのpHpMyAdminにログインし、
エクスポート→構造→DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTIONを追加と
ファイルに保存するにチェックを入れて実行する

MySQL

後は新サーバーのpHpMyAdminにログインし
ダウンロードしたものをインポートするだけです。
あっという間に元通りです。


2,000名が購読中の無料メールマガジン


コメントを残す

このページの先頭へ