サイトがパクられたら著作権侵害の報告をしよう

著作権侵害

ネットでブログやサイトを運営していると必ずぶち当たる問題として、サイトのコピペですよね。自分のサイトがパクられてしまったらGoogleに著作権侵害の報告をしましょう。

サイトのコピペ

サイトのコピペってやる人はやりますよね。悪いことだとわかってやっている人もいれば、初心者でわからずにやっている人もいるかと思います。

もし、自分のサイトがパクられていることを確認したら、一度そのサイトの運営者にコンタクトをとってみるといいでしょう。

お問い合わせやメールアドレスが記載されているサイトがほとんどだと思いますので、止めて欲し旨を伝えましょう。

結構この段階で記事を削除してくれるサイトが多いです。

RSSから自動で引っ張ってきて写真もそのまま利用しているコピペサイトを作成している人はいったい何を考えているんでしょうかね・・・。

自分の記事をそのまま利用されてしまうと重複コンテンツになりGoogleからの評価が下げられてしまう可能性があります。最悪ペナルティを受けて圏外になってしまうことも考えられます。

コピペサイトを見つけた時には早急に対処するといいでしょう。

著作権侵害の報告

もし相手の方に連絡をとっても答えてもらえなかっり、連絡先などの記載がなかった場合にはGoogleに著作権侵害の申請をすることでインデックスを削除してもらうことが可能です。

しっかりとウェブマスターツール上に著作権侵害の報告フォームが作られているのでそちらに詳細を記載するだけで簡単にインデックス削除は行っていただくことはできます。

著作権侵害

著作権侵害の報告

もちろん記事のコピペだけではなく自分が撮った写真がネット上で他の人に利用されていた場合などにも利用することができます。

自分のサイトのURLと相手のサイトのURL、パクられていたものなどを詳しく記載していきます。申請が終わると1日以内に対象の記事が削除されます。

悪質な場合にはドメインごと削除になるケースもあるようです。

削除後対象のサイトを検索するとデジタルミレニアム法によって検索結果から削除された旨が記載されるようになります。

著作権に関してはパイレーツアップデートの方でも簡単に説明をしています。

記事のパクリから訴訟につながることもありますので、余り簡単に考えないほうがいいですね。もし逆にあなたが人のサイトをパクってしまうとブログ自体が削除になってしまう可能性もあります。

やっぱりブログは自分の言葉で書かないとダメです。


2,000名が購読中の無料メールマガジン


コメントを残す

このページの先頭へ