Googleアドセンスで特定サイトの広告のみ許可をする設定

アドセンス

Googleアドセンスを利用している場合一番怖いのはアカウントの剥奪ですよね。イタズラを避ける意味でも自分が登録しているサイト以外にアドセンスを貼られても無効にすることができる設定をしましょう。

アドセンスのコードは丸見え

基本的には問題無いと思いますが、中には悪いことを考える人もいますからね。上位表示していて気に入らないサイトに対して攻撃をしてくる人もいるでしょう。

サイト上で右クリック→要素の検証や、ソースを表示でアドセンスコードを見ることができるわけです。それをそのままコピーすれば他のサイトにも貼ることができるんですね。

例えばそのアドセンスコードをアダルトサイトに張ってしまえば、アドセンスの規約違反にもすることができますよね。アドセンスが剥奪になってしまうと今までに発生していた報酬もカットされてしまうので絶対に避けたいですよね。

僕は今までにやられたことはありませんが、少しでもリスクは減らしておきたいです。

アクセスと認証の設定をする

まずはアドセンスの管理画面にアクセスをします。
右上の歯車をクリックし『設定』へ。

アドセンス

『アクセスの認証』→『サイトの認証』
『自分のアカウントで特定のサイトの広告表示のみを許可する』にチェックを入れます。

アドセンス

一行ずつサイトを登録していきましょう。
ドメインを入力するだけなのでhttp://もいりません。

僕のサイトの場合でしたら、nomadaffili.comと入力をする感じですね。
これで保存をしておけばOKです。

注意点

一度この設定をすると、サイトの認証をしていないサイトにアドセンスを張ったとしても収益としてカウントされなくなります。

サイト認証をしてもすぐに反映されるわけではないので若干時間もかかります。

僕は以前、まだ作りたてでアドセンスを貼っていないサイトに急激にアクセスがあったので貼ろうと思ったのですが、サイトの認証をしていなかったので、収入を得ることができなかったことがあります。

アドセンスを貼る予定があるサイトはあらかじめ登録しておくといいですね。

2,000名が購読中の無料メールマガジン



コメントを残す

このページの先頭へ