トレンドアフィリエイトで記事が圏外になってしまう原因とは?

圏外

トレンドアフィリエイトを実践していると書いた記事が圏外になってしまうことがあります。圏外になってしまうのがどの時点なのかで対応も変わってきます。

サイト作成初期の場合

サイトを作成したばかりの場合。SEOチェキで狙ったワードを調べても全部圏外になってしまっている。こういったことはよくあるかと思います。

SEOチェキの見方と被リンクのチェック方法

SEOチェキは100位までしか見れませんので圏外になっていますが、GRCなど300位まで見れるツールを使うと200位あたりでウロウロしていることがよく有ります。

サイトを作成して間もなく中々上位表示をしてこない場合、サイトがエイジングフィルターにかかってしまっている可能性があります。新規で作ったサイトはこうなってしまうケースが多いのでしょうがないのですが、ある程度の期間が経つと今まで圏外だった記事全部が上位表示をしてきます。

エイジングフィルターはどれくらいの期間続くのか?解除方法は?

こちらは僕のトレンドサイトのとある記事なのですが、4月21日に記事を投稿して圏外、初めて検索に登場したのは5月17日です。約1ヶ月ほど圏外だったわけですね。

圏外

その後上位表示し、また2週間ぐらい圏外へ。
新規ドメインで作成したサイトの場合、この様に不安定になることが多いですが、しっかりと続けていけば上位表示していきます。

こちらはそれなりに検索回数があるキーワードでもあるのですが、初登場50位ほどでした。その後ズドーンと下がり、じわりじわりと上がり続けて2位まで。

同じサイトですが、圏外に落ちていっている時期は違いますね。

圏外

記事を書いた後、順位が低いと凹む人が多いと思うのですが、順位は時間をかけて上がっていくものです。速報系のニュース記事などはすぐに上がってくれないと難しいですが、サイトのパワーがついてからじゃないと狙えません。

ですのでサイトアフィリエイトなどでも12月に販売したいサイトを作成するときは、11月に作り始めたのでは遅いのです。3ヶ月ぐらい前にはしっかりとサイトを立ち上げて準備をしていきたいですね。

ペナルティーの可能性

新規サイトが圏外になるのはわかりますが、すでに稼いでいる、それなりにアクセスが集まっている場合、ペナルティーやアップデートに引っかかってしまった可能性があります。

トレンドアフィリエイトで考えられるのは低品質の手動ペナルティー、もしくはパンダアップデートです。一番怖いのは手動ペナルティーなのですが、手動ペナルティーの場合は圏外にはなりません。

全ての記事が50位前後に表示されるようになります。サイトタイトルで検索をして50位前後だったら間違いなく手動ペナルティーです。元通りに戻すのはかなり難しいです。

圏外になって一気にアクセスがなくなった場合はパンダアップデートの可能性が有ります。いわゆる、他のサイトにもあるような重複してしまっているコンテンツが大量にあるとパンダアップデートに引っかかります。

不必要な記事を削除したり、文字を足したりと、記事の質を高めていくことでまた上位表示されてくる可能性があります。

重要なのは最初からしっかりと質の高い記事を投稿していくことですね。

【まとめ記事】
トレンドアフィリエイトの始め方!おすすめ教材と稼ぐコツ


2,000名が購読中の無料メールマガジン


コメントを残す

このページの先頭へ