WordPressでソースコード、htmlを解説するプラグインCrayon Syntax Highlighter

ブログで詳しくWordPressのテーマ編集などの解説をするときに、綺麗にソースコードを見せることができるプラグイン『Crayon Syntax Highlighter』のご紹介です。

当ブログでもWordPressを編集する時にどうしたらいいか?
など解説をしたりしているわけですが、その都度コピペするだけでは味がないですよね。

よくブロガーさんが使っているこういうやつですね。

Crayon Syntax Highlighter

なんかカラフルでわかりやすくないですか?

1文とかだったらいいですが、長いものを貼り付けたいときにはおすすめです。

Crayon Syntax Highlighterのインストール

WordPressのダッシュボード『プラグイン』→『新規追加』でCrayon Syntax Highlighterを検索してインストールします。

Crayon Syntax Highlighter

有効化したら、新規投稿画面に行ってみましょう。
ビジュアルエディタではなくテキストエディタを選択すると
新しく『Crayon』が追加されています。

Crayon Syntax Highlighter

『Crayon』をクリックするとこんな画面になります。
タイトルをつけて、ソースコードをコピペするだけ。
ちなみにこちらはLUREA Refine Proのヘッダーです。

Crayon Syntax Highlighter

貼り付けた結果はこんな感じに表示されます。

メニューの使い方

カーソルを合わせると右上にメニューが出てくるわけですが
こちらもちょっと説明しておきますね。

Crayon Syntax Highlighter

まずは一番左をクリックすると。
1.2.3.4.などの行の数字が消えちゃいます。

Crayon Syntax Highlighter

左から二番目をクリックすると。
普通のテキストに早変わり。

Crayon Syntax Highlighter

左から三番目をクリックすると。
横へのスクロールが無くなり改行に変わります。

Crayon Syntax Highlighter

左から四番目をクリックすると。
場所が入れ替わり、よくわかりませんね・・・。

Crayon Syntax Highlighter

左から五番目をクリックすると。
ソースをコピーすることができます。
これが一番使うのではないでしょうか?

Crayon Syntax Highlighter

最期に1番右をクリックすると。
別画面で大きく開き直します。

Crayon Syntax Highlighter

何か設定方法等の説明をするときには
プラグイン導入するだけでちょっとできる人に見えるかもしれませんよ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。