コンテンツSEOをマスターせよ!ゴミサイトの量産やめませんか?

SEO

2014年以降、アフィリエイトで勝ち残っていくためにはコンテンツが最も重要となってくるでしょう。

Googleの向かっている方向はあきらかにユーザーに良い情報を与えるということです。

Googleと同じ方向を向いていかなくては今後ネットの世界で生き残っていくのは難しいでしょう。

良質なコンテンツが重要

あなたのサイトはどれだけの人に価値を与えているでしょうか?
それを考えると答えは出てくるかと思います。

頑張ってSEO対策しているのになかなか上位表示ができない。
その原因はコンテンツだということが多いのです。

この間セミナーに行ったのですが、とあるSEO業者が質の高い記事と微妙な記事を同じ条件で投稿していったら、明らかに質が高い記事のほうが上位表示をしたという話を聞きました。

価値の無い記事を200記事入れるよりも、価値のある記事を50記事入れるほうが効果があるのかもしれませんね。

僕も外注を使いサイトを作成した時によくあることなのですが、
アクセスが集まっている上位10位全部が同じ外注さんが書いた記事だったりするのです。

キーワードやタイトルは僕が作成しているのでそこまで差はないかと思います。

Googleは既にコンテンツ内容を理解できるようになっていて、
上位表示に関係しているようです。

ゴミサイト量産は意味が無い

今まではペラページやどこにでもあるサイトを量産して
被リンクを貼っていれば上位表示できたかもしれない。

ただ、今後はGoogleはもっと厳しくなっていくでしょう。
最後に勝ち残れるのは良質なコンテンツを作成出来る人になるのではないでしょうか?

GoogleはGoogleのためにサイトを作らないでくれと言っています。
あくまでもサイトはユーザーのため、ユーザーが何を欲しているのかを考え続けなくてはいけません。

コンテンツがサイト内に溜まっていけばロングテールからの流入も多くなり、安定してアクセスが取れるようになりますし、長く稼ぎ続けられるサイトに変わっていきます。

良いコンテンツを作成していれば、自然に被リンクもついていくし、ソーシャルで拡散もされていきます。

有名ブロガーさんが書いた記事を見ればわかると思いますが、1つの記事が数百回もイイネやはてなブックマークされていることがありますよね。

人が見て『これは役に立った!』と言えるコンテンツをサイト内に増やしていくということですね。

  • ユーザーの為にサイトを作る
  • ユーザーの悩みや要求に答えられるコンテンツを作成する
  • 拡散されて自然な被リンクが付く

少し意識するだけで大きな効果が出るのではないでしょうか。
良質なコンテンツが最高のSEOと呼べる時代がもうすぐ来そうですね。

2,000名が購読中の無料メールマガジン



コメントを残す

このページの先頭へ