リンクエラー確認プラグインBroken Link Checkerの使い方と設定方法

WordPressのリンクエラーを自動で確認してくれるプラグイン、Broken Link Checkerの使い方と設定方法を説明します。

Broken link checker

サイトを運営しているとリンク先のサイトが記事を削除してしまったり、
サイト自体を閉鎖してしまったりと、リンクが切れてしまうことが多々あります。

数ページしか投稿していないサイトだったら問題ないですが、
大きなサイトになればなるほど自分でリンク先の確認をすることはできなくなります。 

もしあなたが、見たいリンクをクリックした時に
こんな表示がでたらがっかりしませんか?

Broken link checker1

もしサイトの中がこんな表示ばかりだったら
訪問者は『なんだ、ちゃんと運営してないサイトだな』って感じますよね。

サイトの信頼性を失う事にもなります。

リンク切れが沢山あるからSEO的に悪影響が出るというわけではないですが、
ユーザーの事を考えたらリンクの管理をしておいたほうがいいですね。
 

Broken Link Checkerをインストールする

『プラグイン』→『新規追加』
Broken Link Checkerを検索します。

Broken Link Checker2 

Broken Link Checkerの設定方法

『設定』→『Broken Link Checker』
このような画面になります。

Broken link checker3

最初からリンクエラーがでたら訂正線を引っ張ってくれるCSSが入っているので
基本的に設定はそのままでも大丈夫です。

リンクエラーがあるとメールも送ってくれるので便利です。

ダッシュボード『ツール』→『リンクエラーをチェック』が追加されました。

Broken link checker4

ワンクリックでリンクを解除ができ、
リンク元のページの確認も簡単にできます。

Broken link checker5

以上でBroken Link Checkerの説明は終わりになります。


2,000名が購読中の無料メールマガジン


コメントを残す

このページの先頭へ